ねずみ駆除は確実に|トラブルは専門会社へSOS

男の人

人間にも被害が及ぶ

女性

病気の恐さ

世の中には動物から人間に移る病気があります。犬や猫だけではなくネズミからも病気は移ってしまいます。家にネズミが住み着いている場合は、早急に会社へ依頼してねずみ駆除を行なうようにしましょう。病気が移ってしまうと、命に関わる最悪のケースに発展する可能性があります。小さい動物だからといって放置するのは危険です。ネズミによる病気は主に3種類あります。

ねずみ駆除の大切さ

1つ目は「ツツガムシ病」です。ネズミにはダニやツツガムシと言った寄生虫が生息します。ダニやツツガムシなどの寄生虫が人間に移ることで、発熱や発疹の症状が起こります。頭痛や腰に痛みが起こることもるので注意が必要です。
2つ目は「サルモネラ症」です。ネズミの糞や尿にはたくさんのバイ菌が含まれています。排出物が食べ物に混入したり、手に触れたりすることによって、嘔吐や下痢の症状が発生します。治療が遅れてしまったことで死に至ったケースもあるので、排出物を掃除するだけではなく、ネズミ駆除をしっかり行なうことが大切です。
3つ目は「アナフィラキシーショック」です。ハチによるアレルギー反応をイメージする人もいますが、ネズミに噛まれることによって起こることがあります。ショック状態になると、呼吸が苦しくなったり、意識障害が起こったりします。実際にアナフィラキシーショックで命を落とすことあります。ネズミによる被害は人間にも及んでしまうので、ネズミ駆除を行ないましょう。